民主党 だんぎ和彦のWEBサイトです。
トップ プロフィール 政策 問い合わせ バックナンバー

ごあいさつ
2016年 申年

謹賀新年だんぎ和彦事務所前にて

 昨年、4月に挙行された第18回統一地方選挙におきましては、皆様からのご支援を賜り、千葉市議会議員として2期目を迎えることが出来ましたことを心より厚く御礼申し上げます。

 改選後の5月、新会派「未来民主ちば」を立ち上げることとなり、12名の会派として千葉市議会において第2会派となり、新たに幹事長を仰せつかることとなりました。第1回臨時会後、第2回〜第4回の定例会、会派視察等の様々な行事を経て、会派としての結束も強まって参りました。

未来民主ちば

オレンジリボンキャンペーン 2016年も熊谷市長を支え、ときには市長との議論も行いながら、二元代表制の一翼を担う議会の一員としても、市民の皆様が「千葉市に住んで良かった。」と思っていただけるよう、全力で活動して参る所存ですので、さらなるご指導・ご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。

 

2015年「千葉市の主な出来事」

会派視察 4月、環境省は、県内から排出された指定廃棄物を1か所に集約して保管する指定廃棄物長期管理施設詳細調査の候補地として、千葉市中央区の臨海部にある東京電力千葉火力発電所敷地内を選定しました。

 6月、千葉市議会は、第2回定例会初日に「千葉市内での指定廃棄物処分場建設候補地選定について再協議を求める決議」を行い、環境省に決議文を提出、千葉市としても排出自治体内での分散保管を訴え、再協議を申し入れました。 その後、12月14日に井上環境副大臣より、これまでの環境省の方針どおりとする「県内1か所集約保管」の回答がありましたが、熊谷市長は詳細調査の受け入れを拒否しました。

 9月には、竜巻等による突風のため、千葉市中央区今井2・3丁目を中心に、110棟を超える建物の被害や、約900軒の停電、割れたガラスや転倒による負傷者が出る被害がありました。この週には、台風18号などの影響による豪雨のため堤防の決壊等で、茨城県・栃木県を中心に甚大な被害あり、千葉市においても大雨・洪水警報や、避難勧告等が発令された地域がありました。

 明るいニュースとしては、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて、幕張メッセがオリンピックのレスリング、フェンシング、テコンドーの会場として、パラリンピックの車椅子フェンシング、テコンドー、ゴールボール、シッティングバレーボールの会場に承認されました。

 また、12月には国家戦略特別区域諮問会議において、本市が東京圏の国家戦略特別区域に追加指定されることが決定いたしました。今後はさらに国家戦略特別区域会議へ参加し、具体的な事業を定める区域計画の策定、認定が行われ、計画の実行へと進められる予定です。

2016年「千葉市の未来に向けて…」

 定期的に作成し、駅頭やポスティングにより配布させていただいておりますチラシ「元気発信!花見川」において、「千葉市の未来に向けて…」を掲載し、市民の皆様からいただいたご意見・ご要望をもとに、市政に対して様々な角度からの提案・要望等を行っております。

 2016年も、「財政健全化に向けた取り組み」、「国家戦略特別区域の推進」、「海や河川を活用した水辺のまちづくり」、「支え合いのまち千葉」、「子育てをするなら千葉市で」等々、市民の皆様とともに歩み、市政に取り組んで参る所存ですので、

どうぞよろしくお願いいたします!

 

ゆかりの里敬老会 茨城県常総市ボランティア
ゆかりの里敬老会 茨城県常総市ボランティア
千葉市役所前地下道完成イベントて 福島県南相馬市桜井市長と
千葉市役所前地下道完成イベントで 福島県南相馬市桜井市長と