国民民主党 だんぎ和彦のWEBサイトです。
トップ プロフィール 政策 問い合わせ バックナンバー

ごあいさつ
2019年 亥年

謹賀新年千種神社にて

 今年の干支は「己亥(つちのと い)」であり、十干の「己」には「繁栄したものを統制する意味」があり、十二支の「亥」には「生命が閉じ込められている状態」であることから、己亥の年は「今現在の状況を維持し、守りの姿勢に徹した方がよい」と言われているとのことです。
 十二支は植物の一生に例えられることもありますが、亥年は戌年でたわわに実った果実が種子となり、エネルギーを蓄えて次の世代へと向かう準備をするという意味もあり、動物の猪のイメージから、「万病を予防する」「無病息災の年」、そして猪の猪突猛進な性質から、「勇気と冒険の象徴」とも言われております。
 そして私自身も年男であり、60歳の還暦を迎えるとともに4月には第19回統一地方選挙に挑戦する勝負の年となります。しっかりとエネルギーを蓄え、次の扉を開き、市民・区民の皆様のお役に立てるようがんばりたいと思います。

 

 

千葉市の未来に向けて

千葉市長と 2018年、千葉市議会第3回定例会において、「受動喫煙防止条例」が全会一致で可決されましたが、東京2020オリンピック・パラリンピックにおいても会場となる本市で、「たばこのない五輪」を実現する狙いもあり、2020年4月に施行されることとなっております。
 また、同じ第3回定例会において、全小中学校の普通教室へのエアコン設置の基本計画策定に係る補正予算が可決され、続く第4回定例会において、エアコンの直接施工に係る実施設計費と小学校のリース分に係る債務負担行為の補正予算が可決されたところです。
 6月には、JR千葉駅ビル「ペリエ千葉」が全面開業し新たな人の流れができましたが、市のホームページでも公開されている「千葉駅周辺の活性化グランドデザイン」において示されているように、これに続き「西口エリア」、「東口エリア」の再開発が予定されており、西口においては、再開発ビル3棟が来年の2020年に完成予定で、総合病院やスーパー等の商業施設・保育施設等が入居する複合ビル、立体都市計画公園などが完成、東口においては、現在の駅前にある民間ビル3棟の建て替えが予定されており、3年後の2022年には1棟の大きなビルが完成する見込みで、老朽化したクリスタルドームも撤去され、駅前広場の改修が予定されております。
 この他、旧三越のある「西銀座周辺」の歩行者中心のまちづくり、旧パルコ前の中央公園と通町公園の連結を強化し、千葉神社へと続く参道をイメージした通町公園の再整備など、中心街の新しいまちづくりは着々と進められております。
 また2018年は、千葉公園を会場として開催された、大賀ハスまつり夜の部「YohaS〜夜ハス〜」や、中央公園を中心に開催された、ナイトタイムエコノミー実証実験イベント「宴タメ千葉」など、夜の街を活性化することによる都市活力の向上・経済活性化に向けた試みがなされ、実証実験では効果・課題などが示されており、今後に期待するところです。
 エネルギー関係では、中国電力とJFEスチールが進めていた石炭火力発電所の新設計画を中止するとの発表があり、今後は天然ガス発電所の建設を検討する方針であるとのことで、今後のエネルギー政策にも変化があるのではと感じます。
 2019年も福祉政策・教育政策・交通政策・住宅政策他、様々な課題解決に向けて取り組み、市民の皆様・区民の皆様が住んで良かったと思える千葉市づくり・地域づくりに力を尽くして参りたいと思います。

 

花見川区の諸問題について

会派視察 毎議会終了後に発行させていただいております「議会レポート」、駅頭などで配布させていただいております「元気発信!花見川」、また、議会の一般質問においても「花見川区の諸問題」を取り上げ、課題に取り組んでおります。
 2019年も花見川区の諸問題に取り組み、地域の皆様に「住んで良かった!花見川区」と思っていただけるまちづくりを心がけ、推進して参る所存です。
 今年も、皆様からのご意見・ご相談・お問い合わせをお待ちしております。
 ぜひ、ご一緒に考えましょう!

 

災害に備えて

被災地復興 2018年12月12日(水)、その年の世相を漢字一文字で表す、師走恒例の「今年の漢字」が発表され、平成最後の一文字は「災」に決定いたしました。
 大阪北部地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震のほか台風の直撃など、自然災害の脅威を痛感した年であり、災害の経験から全国的に防災意識が高まり、多くの方々が自助共助の大切さを再認識した年でもありました。
 2018年も、5月に石巻市・気仙沼市、8月初旬には再び石巻市へ、8月下旬には西日本豪雨で被害のあった岡山市・倉敷市に伺い、ボランティア活動や避難所への訪問などを行い、復興のまちづくりや避難所の体制、新たな防災対策等を見て参りました。
 そして、2019年に入ったばかりの3日には、熊本県で震度6弱の地震が発生しました。改めて災害はいつ起きるか分からないという認識をもって、今後、高い確率で直下型地震が心配されている千葉市の防災・減災に取り組んで参りたいと存じます。

 

岡山市庁舎前で 岡山市内・個人宅にてボランティア
岡山市庁舎前で 岡山市内・個人宅にてボランティア
岡山市役所にて・大森市長と 会派視察・石巻市立病院屋上ヘリポートにて
岡山市役所にて・大森市長と 会派視察・石巻市立病院屋上ヘリポートにて
熊本市庁舎にて 新小野田石炭火力発電所視察
熊本市庁舎にて 新小野田石炭火力発電所視察